私の活動の原点は、「本音で正論を話す」こと。しがらみや前例にとらわれずに自由にモノを言い、正論を訴えることを目的としています。だから無所属です。

杉並区議堀部やすしプロフィール杉並区議堀部やすしツイッターご意見は妻のページ
区長給与・議員報酬の取扱いは、
杉並区敗訴(違法支出/最高裁決定)を踏まえて判断を


堀部やすしは、候補者70人中、5位で当選しました(4,888票)

 
友だち追加

杉並区長選挙を終えて【報告】
堀部やすし「杉並区長選2014」特設サイト

  堀部やすしは、従来型の政治風土を改善するべく
  自ら「政策本位」に徹して活動している政治家です。
  1. いわゆる「宣伝カー」は持たない、名前の連呼をしない
  2. 政策本位の活動に徹するため、ボス政治家とは一線を画し、一身独立して活動する。
  3. 住宅街に「音の暴力」を持ち込まない
  4. 突然の電話宣伝活動はしない
  5. 企業・団体献金を受けない、有権者に私的な口利き(施設入居や就職の斡旋、その他入札・契約の斡旋)を行わない
堀部やすしは、有権者に媚びません。
 
毎日情報発信中
 

 杉並区ついに総合25位に転落
    日経・経営革新度(行政革新度)ランキング
 なぜ、田中区長は、政治資金パーティーを止めないのか
 【年頭所感】 半沢直樹を生み出すのは、
    他の誰でもない、有権者である「あなた」自身です!
 
 検証 ネット選挙解禁
 ネット選挙解禁前後の「年代別投票率」を比較してみると
 杉並区長選(2014年夏)は
       「民主党・自民党の相乗り」という驚きの展開か
 「笹子トンネル崩落事故」を他山の石に  
 Google+ 「中央線がなかったら 見えてくる東京の古層」  
 議員力学会 塩尻大会 公開シンポジウム  
 動き出した?杉並区議会の議会改革(2)
    Ustream生中継は禁止?議会内は大揺れに  
 日本初の自治基本条例には、こんな日本初の過ちが
    杉並区自治基本条例の制定を振り返る
 杉並10年プラン(総合計画)案/
            3年プログラム(実行計画)案を読む
 動き出した?杉並区議会の議会改革(1)
   議長提案「議会運営に関する新たなルール」を考える
 議員力検定・議員1級合格者による議員力学会が発足
   「月刊ガバナンス」2011年6月号朝日新聞
   「災害時の議会考える 東京でシンポ」 毎日新聞掲載
 「堀部やすし」とは
 杉並区議会の会派構成(2012年3月異動)
 (参考)杉並区議会の会派構成(改選前の状況)

区長交代後の杉並区はどうなっているか

 
徹底検証!「杉並区の政権交代」(その1)
徹底検証!「杉並区の政権交代」(その2)
杉並区議会に「大連立」が誕生 区長選直後(平成22年7月)
【検証】田中区長が強行した「杉並区長・多選自粛条例の廃止」
堀部やすしの議会演説 本会議場から動画配信 
堀部やすし最前線 今日の一言
杉並区議選2011
杉並区議会議員(無所属)堀部やすし
堀部やすしが重視する「杉並区政の課題」


1.財政計画なき「無計画な区債発行」は問題
2.「議会改革」の遅れは致命的
3.「ばらまき」を改め、「真に必要な対策」に財源を振り向けることが必要
4.電力対策/後世にツケを回す姿勢にはノーを
5.地域運営学校(コミュニティ・スクール)をさらに拡大し、活力ある区立校の実現を
6.焦れば必ず失敗する 電子地域通貨は「急がば回れ」
7.外郭団体・行政委員会の改革が後退することは許されない
8.「役人特権」「議員特権」 公務員制度改革は待ったなし

議員力検定のススメ 「議員力検定・議員1級」合格報告
議員力検定議員1級合格者による「議員力学会」
今は廃止すべきではない「杉並区長の多選自粛条例」
杉並区における無効票の内訳/都知事選・都議補選
杉並区 減税自治体構想(減税基金)の現状と課題
参院選で大量の無効票 区議が原因を追究
田中良区長の「教育委員」人事に対する見解
田中良・新区長就任挨拶から
杉並区における無効票の内訳/参院選
杉並区長選挙(杉並区長選2010)
杉並区議選(補欠選挙)

 
杉並区議会の会派構成(改選前) 2011年4月末まで
(参考)5年前の会派構成 2007年4月末までの構成

妻みゆきのページ
 妻みゆきの写真日記
 政治家妻の台所(blog)
 シリーズ「お役所の食堂」

「杉並区民55万人アンケート」実施中

 
 いまだ閉塞感の漂う区議会ですが、「堀部やすし」は、税の使途にメスを入れるため、当選来すべての定例議会で論戦を挑み、その他独自の活動にも積極的に取り組んできました。



 現在のように行き詰まった社会情勢において、区議レベルの議員としてのスタート時点から従来の政党・圧力団体・地縁・血縁・親の七光りなどの地盤を継承して立候補しているようでは、公正な政治が実現できるわけがありません。

 日本をここまでダメにしてきたのは、落選を恐れ、あちらこちらに媚びてばかりいる政治家です。堀部やすしは、これに立ち向かい、本音で正論を訴えるためにも、引き続き、一身独立した無所属で活動します。

 無所属・無党派ならではの選挙の厳しさは相変わらずですが、自分の信念に恥じるところは、何もありません。今後も、利益誘導政治・金権政治とは一線を画し、誰にも媚びへつらうことなく、必要な課題に正面から取り組んでいく決意です。


 なお、公正な政治は、品位と節度ある姿勢から始まります。堀部やすしは、みなさんに個別利益を供与すること(就職のお世話など)は一切できません。

 その代わり、区の入札・契約にメスを入れるなど、議会において「本音で正論を話す議員」として活動しています。ご理解ください。
mail  ご意見をお聴かせください
定額給付金が抱える法的矛盾
議員在職10年を迎えて
PCI事件は対岸の火事ではない(第二弾)
 杉並区の入札契約問題 パシフィックコンサルタンツと杉並区
議会に寄せられた請願・陳情を紹介します
出産を「事故」扱いするのは、もうやめよう
 杉並区議会「会議規則」 改正が改正になっていない時代錯誤
土曜議会で追及 パシフィックコンサルタンツと杉並区
 PCI事件は対岸の火事ではない 【インターネット議会中継提供中】
杉並区における地域医療体制とその課題
 (参考)東京警察病院 視察取材記
駅前に新たな「職員住宅」は必要か? JR高円寺駅前
本庁の土日開庁&土曜議会スタートへ
 良い意味で「蟻の一穴、堤防を崩す」可能性のある土曜議会
懸念していたことが現実に
小中学生の医療費を一律に無料化するより優先すべきことがある
地方債は、なぜ開示免除証券なのか?
 いま求められる条例による民間並み公表の徹底
新しい任期を迎えて

堀部やすし

 1970年富山県生まれ。
 早稲田大学社会科学部卒業。早大大学院(政策科学論専攻)を経て、大前研一主宰の都議養成科に入門。政策研究会2001理事から杉並区議会議員。初当選より一貫して無所属(一人会派)。

 当選3回すべての選挙において「宣伝カーを使わない」「名前の連呼をしない」ことをモットーに、政策本位の活動に徹して当選。12年連続すべての定例会一般質問に欠かさず登壇した唯一の議員。

 議員力検定/議員1級の初回合格者(初回合格者は全国に9人)。議員力学会(議員力検定議員1級合格者の会)発起人・幹事。

 不合理な「ばらまき」「大きな政府」「お手盛り」を強く牽制し、特に悪質な問題については、法的手段も辞さない姿勢で臨んでいる。
堀部やすし
堀部やすしの政治姿勢

杉並区議会の会派構成

賛成?反対?投票掲示板

●レジ袋税
  学校選択制
●住民投票制 ●首長の多選
●議員定数 ●歩きたばこ禁止
●夫婦別姓 ●監視カメラ増設
●深夜外出規制
過去の報告から 堀部やすし最前線
堀部やすしの主張を取り上げるマスコミ
 問題提起リポート 大論争!学校給食問題 (2007.3,16)
杉並区の財政を知るために
決算書を読み解けば・・・区財政の真実を明らかにします
これまでの主な取り組み
 23区初となる費用弁償(お手盛り経費支給)の廃止、政調費の合理化、区営住宅の不正使用改善、区の入札・契約改革(談合対策)、官民格差是正などに成果を上げてきました。
堀部やすしが重視して取り組む今後の課題
 区立校の再生・子育て・介護支援など「真に必要な政策」に財源を振り向けるため、堀部やすしは、今後も不正に対し、厳格に対応していきます。
土地開発公社は、もう廃止すべきだ
     (1)自治体100%出資の外郭団体 土地開発公社とは
     (2)こんな土地開発公社がまだ必要なのか?
     (3)土地開発公社の組織としての問題点
     (4)もはや土地開発公社に存在意義はない
政治家と公共事業
 政治家に甘いルールの実態を報告する
 区立保育園・民営化の第一号は、区議会議長が経営者となっている法人に委ねられています。千代田区のように議員の専横を排除する条例整備が必要です。
東京都の懐に入る「23区側の税」
      都区財政調整を考える
(再掲)選挙の不思議あれこれ

杉並区議会



杉並区議選2003記録
1.はじめに 2.決意 3.視点

4.活動実績(1) (2)   

5.今後の重点項目  6.初心
選挙の不思議あれこれ 区議選に向けて

堀部やすし
議員一年生の議会見聞録
 知られざる議会の実態は? チホウ議会(地方?痴呆?)の裏表がわかるページ。

メディアによる紹介
 新聞などの特集記事から、堀部やすしの取り組んできた活動を紹介します。

堀部やすし最前線
バックナンバー
 お役所の広報誌は、行政に都合のよい情報(大本営発表)しか掲載されません。

 広報やマスコミが伝えない真実をお伝えするページです。

寄せられたご意見から

mail
お聴かせください
 みなさんのご意見・ご感想・身近で気になる出来事などをお知らせください。


杉並区長選挙2018年
杉並区議選2019年
都議選2013 参院選(2013東京)

杉並区議選2011
都議補選(補欠選挙) 都知事選
議員力学会設立趣旨

過去の報告から 堀部やすし最前線
 住民基本台帳(住民名簿) 大量閲覧の実態 杉並区の場合
 杉並区の「緑被率」 達成目標を下回る目標値を定めてどうする・・・
 防犯カメラの設置・利用条例★運用状況
 行政計画・施策の見直し
 日本を歪める「一票の格差」
 忘れられた「年金問題の核心」 未納問題だけで議論を終わらせないために
 『施設白書』で公共施設のコストを考える
 杉並区財政の現状は
 検証◆日本初の「防犯カメラ条例」 概要と今後の課題
 必要?不必要? 「ゴミの戸別収集」
 杉並区に残る参入規制 (区立保育園編)
新・杉並公会堂の建設を考える →討論報告
現在の計画の「問題点」と「対案」を提示する 〜江東公会堂の教訓から
続・おかしいぞ!「入札参加は1社だけ」 その後
おかしいぞ!入札参加は1社だけ 
談合にメスを! 骨抜きにされた入札改革
 ポイ捨て・歩きたばこ・犬のフンの放置などに罰則
  「安全美化条例」 条例成立 どうなる今後条例全文掲載
 特集 「自治基本条例」 残された課題(その1)  住民投票 「制度」はできたが・・・
 「歩きたばこ」「屋外自販機」「ポイ捨て」規制にご意見をお寄せください。
 【論点整理】 区長の多選制限(自粛)条例を考える
 どうする?家庭ゴミの有料化 ご意見をお聞かせください。
 議員定数の4議席削減が実現 こちらへ
 日本型チャータースクールは実現するか?杉並区「教育改革特区」構想を提出 
 「杉並区NPO支援基金」を政治家のオモチャにさせないために
 入札・契約もヘン 杉並区「別荘」の無償貸付は、これでよかったのか?
 やはり完全廃止して他に転用すべきだったのでは?→詳しくは会議録
 杉並区による興銀用地の高値買収にモノ申す!
 高コストを許している区の入札・契約制度 お役所の「IT整備」の落とし穴
 ピンチ!赤字区債の発行は、いつまで許されるか?
★検証★「レジ袋税」条例 新たな論点を検証する
(1) あまりに多い「免税」は、このままでよいか?
(2) 山田区長の「選挙対策」でスタートを先送りする可能性が濃厚に
(3) 環境コストと「レジ袋」削減効果を考える 課税の根拠は・・・?
(4) 「ポイントシール制度」の是非 区の補助金は、5年間で約9億円?
(5) 区は毎年「赤字区債」を大量に発行しているが・・・  税の使途の問題
(6) 「杉並病」問題から考える 容器包装リサイクル法の欠陥を補うために
(番外編1) データ検証編
(番外編2) 公聴会開かれず
「レジ袋税」条例案・全文掲載
レジ袋税クイズ「課税」はどれだ?!
 忘れちゃいけない大問題
学校給食調理を考える(その1)
(その2)
(その3)
(その4)
学校給食の実態を検証する
談合の温床・参入規制は撤廃すべきだ
必ずしも常識ではない給食の提供
9月から区内3校で民間調理を実施
区立保養所(別荘)は、もう完全廃止すべきだ すでに区内「出張所」は廃止
…なのに存続し続ける区外の保養所(別荘)の謎
本会議・発言テーマ  デジカメでみる行政  整理箱  素材リンク



堀部やすしは、有権者に媚びません。
 票ほしさに都合のいい発言ばかりする「政治屋」は、もう、たくさんでしょう。戦後最悪の財政危機を前にして、いつまでもバブルの時のようにノー天気なことは言っていられないはずです。

 ところが、多くの政治家は、この期に及んでも、まだ甘いお菓子(政策)を並べて、有権者に媚びてばかりいます。そんなことで、この難局を乗り切っていくことができるのでしょうか。



 本物の政治家は、逆境でこそ、その真価を発揮するはずです。ところが、余生残り少ない高齢の政治屋のみなさん方は、目先のことで頭がいっぱいなのか、未来の日本を本気で救おうという気持ちが、まるでないようです。

 長い日本の歴史の中には、飢えに苦しむ厳しい時代もあったはずです。それに比べ、現代では、ガソリンより高いミネラル・ウオーターが飛ぶように売れるような飽食の時代になっています。そんなときに、戦中戦後の飢えを経験した世代の大政治家までがオロオロしているのは、実にみっともないかぎりです。

 落選を恐れてムダな公共事業を乱発し、財政赤字を拡大して無理に経済的な豊かさを維持することが、はたして本当に賢明な政治といえるのでしょうか。借金はいつか返済しなければなりません。借金を財源に効果のない一時的な景気対策を実施し続けることは、私たちの老後を抵当に入れていくことと同じなのです。



 ダメな政治家の影響を受けるのは、常に私たち自身です。我慢しないで、できることから、一緒に解決していきましょう。堀部は、信頼される政治家になりたいと考えています。まず、自らの堕落を防ぐために、既成政党のボス政治家とは、あえて一線を画し、一身独立して活動します。

 そのため、みなさんに個別利益を供与すること(交通違反のモミ消しや、就職のお世話など)は、一切できませんが、その代わりに、本音で正論を話す政治家になります。私は誰にも媚びません。率直なご意見をお聴かせください。



         堀部やすしは、有権者に媚びません。



ご意見、ご感想はこちらまで。


(C)Copyright Horibe yasushi 1998,1999-2016
このホームページに掲載された文章および映像・画像などの無断転載・再配布を禁じます。