杉並区議会議員(無所属) 堀部やすし最前線 No.14



夏休みも終わり、活動再開!


  さて、私の夏休みも終わり、明日からまた活動を再開します。この8月18日には、さっそく区議会・常任委員会のひとつである区民生活委員会が開かれます。最近では、夏休みが分散化傾向にあるようですので、もし、お時間が許すようでしたら、ぜひ、この機会に一度傍聴されてみてはいかがでしょうか? (午前10時からスタートします。ご不明の点がありましたら、下記よりメールでお問い合わせください)。


 区の商業診断と大型店出店問題


 この委員会は、これまで例の「防災会助成金の不正処理問題」で話題になった方が委員長(自民党)だったこともあり、肝心な審議があまり進んでおらず、陳情の処理が大きく遅れています。先ごろ、委員長が交代したこともあり、ようやく正常な審議ができるようになったのですが・・・とはいえ、たまった問題を一気に片づけようとすれば、審議も表面的なものだけになりそうですし、全く困った状況になっています。もちろん、審議の進行は、委員長がどう判断するかにかかっているのですが・・・

 とりあえず、18日の話題は、@5年に一度、都区合同で実施している「広域商業診断」報告についての質疑、A区民より提出されているライフ(五日市街道・宮前2丁目出店予定のスーパーマーケット)出店計画反対の陳情審議、となっています。

 @については、Aの問題にも関係する大型店出店影響調査などを含む約400ページにも及ぶ報告書が、すでに私のところに提出されています。都区あわせて800万円近く使って実施した診断ですが、熟読し、さらに調査した結果、いくつかの点で疑念がありますので、委員会でも積極的に話を進めていく予定です。

 Aについては、ご存じのとおり、「大店立地法」が来年より施行されることもあり、ここ最近、各地で大型店の出店ラッシュが起こっています。その一環で、杉並区内にも、新たにライフが出店する予定となっていますが、現地は道幅も狭く、交通渋滞の激しいところだけに、地域で反対を表明されていらっしゃる方々より、いくつか陳情が提出されています。  正直言えば、現在は、まだ大店立地法の施行前ですし、出店そのものについては、どうもしようもないと私は思っているわけですが・・・とはいえ、陳情が出ている以上、区議会として、その姿勢は明らかにしておく必要があるのは、いうまでもないことですし、また、今後の対策を検討する意味でも、問題点を明確に浮き彫りにしておく必要はあると思っています。区の答弁や審議結果は、次週のこのコーナーで報告します。


  P.S. 通信8月号を読みやすく改訂し、バージョン・アップ(?)しました!


   区政通信8月号 堀部やすし・議員一年生の議会見聞録         
  (その4・バージョンU)区長が変わって、どうなっているのか? その現実




ご意見、ご感想はこちらまで